【シャドウアリーナ】バダルの立ち回りやコンボ【ShadowArena】

個人的に右クリックのダッシュが回避にも使いやすくて好き。しかもダッシュ後移動速度上がるのも良い。常時4を維持して奇襲されても高い防御で耐えたり、コンボを強化したりタイミング良く3の追撃を出したりとやる事が多め。

とにかく通常攻撃がダメージソースになりやすい。

スポンサードリンク

バダルのスキル

バダルのスキルは4のゴールデンゲートを使う事で強化されるが基本的に3ために使う事がメインになりやすい。メインになる2と3は射程がほぼ目の前にしかなく当てにくいうえに1は使い道があんまりない。

RMB.修羅の速掌

  • 前方に短いダッシュ
  • ダッシュ後1秒ほど移動速度増加
  • ダッシュ中左クリックで敵を打ち上げる攻撃

コンボの起点になりやすいうえにCTも超絶短いのでかなり使いやすい。当てやすさは別として。回避目的にも使えるので色々な場面で多用することになる。ダッシュ中の打ち上げ攻撃はスタミナが足りてないと発動しないのでコンボ中はよくスタミナを見る必要がある。

打ち上げて転倒させる時間が0.5秒と激烈に弱体化したのでほぼ追撃でLMBを入れられなくなりました。

1.螺旋風

溜めてから球体を発射する。左クリックを押すと即時発射。

ゴールデンゲートで強化すると敵がノックバックするがこれに使うのは勿体ない。いつのまにかゴールデンゲート使用時にあてると転倒するようになってました。コンボにギリ混ぜられそう。さらにゴールデンゲートを使っていなくてもノックバックさせられるのでなかなか使いどころがでてきました。使いどころは争ってる敵にぶちこんでKSを狙うぐらいか。正直最初から最後まで使わないこともあるのでスキルポイントを他につかったほうが良いレベルかもしれません。 

2.残閃

敵を掴んでノックバック攻撃をする。

掴み技は敵の攻撃を強制的に中断させたり、スーパーアーマー状態や防御状態も無視ができる。ノックバックさせたあとは右クリダッシュからの打ち上げは間に合わないのでFで追撃を行おう。ゴールデンゲートを使用すると追撃が難しい位置まで吹き飛ばしてしまう。レベルマックスになると3回正確なタイミングのクリックで追撃が増えるようだが見たことがない。

スポンサードリンク

3.雷鳴龍千波

 

昇竜拳。スーパーアーマー付きで当たると対象は転倒。

ゴイェンの1やゲハルトの1、ハルの1など様々な突進技に見てから出すだけで勝てる。そこからフルコンボが狙える。ゴールデンゲート状態で発動すると左クリックの追撃で敵を地面にたたきつけるモーションが増えるが、叩きつけたタイミングで左クリックをもう1度押すとさらにもう1度叩きつける。これができるとかなり火力が上がるので頑張って練習しよう。ちなみに追撃1回目だと目の前で転倒するが2回目は前方へ吹っ飛ぶ。少し前進したのちRMBアッパーが間に合う。

4.黄金八門(ゴールデンゲート)

全てのスキルを強化する。スキルを1度使うと効果が切れる。防御力上昇+30(60,90)

Lv3まで上げると効果中防御力が+90されるなどなかなか強力。重ね掛けすると防御力に変化はないが攻撃力が10ずつ増えていき最終的に+70まで増加する。通常攻撃と右クリからの打ち上げでは維持されたまま。スキルを使うと消えてしまう。こいつを常にかけた状態にしたい

コンボ

基本的には右クリからの打ち上げ攻撃始動か、3の始動が良い。

最後LMB×5になってるけど本来は5回目は入らず抜けられます。

4→3→追撃→追撃→RMB→LMB→LMB×3→2→F→LMB×4→RMB→LMB→LMB×4

トドメをさせないとスキルを吐ききっているので通常でゴリ押すしかなくなる。トドメをさせる様子がないのであれば最後の打ち上げ後数回追撃したら距離をとるべき。

RMB→LMBが弱体化し、打ち上げた相手がすぐ起き上がるようになったのでLMBを殆ど挟めなくなったのでLMBを挟まずすぐ次のスキルを撃った方がいいです。

立ち回り

常に4を維持しながら動くことで高い防御力を維持できるがスタミナがその瞬間だけかなり減るので注意したい。4を重ね掛けしまくって攻撃力+70の状態でLMBによる狩り効率は上がる。

攻撃範囲や射程全てが短めだがRMBのおかげで細かく動けるので1:1の状態でもKS狙いが見えたりしたらRMBを使って距離をとろう。開始直後はRMBとFのおかげで他のクラスよりもプレイヤーを拘束できる時間が長いので積極的に絡んでも良いかも。

とにかくRMBで相手のスキルを避けたり翻弄して自身のスタミナをみつつチャンスを見つけたらアッパーをかましてやろう

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です